会社カタログ

会社の飲み会幹事になったらやること

会社で新年度が始まったり、新入社員が入ってきたり、また研修があったり忘年会や新年会などの飲み会があったりすると、必ず誰かが幹事を務めることになります。しかし、幹事になったのはいいものの、何をしていいのか分からない人や、どこまでしなければならないか知らない人がいます。幹事という役割は、意外と仕事が多いです。
まず初めに、予算を決めますが、会社から懇親会費がいくら出るのか、社員からいくらずつもらうのかを決めます。そして、出欠をとることになりますが、どこまでの上司を呼ぶかを決めるのも大切です。それによって選ぶお店も変わってくるからです。ある程度若くて、立場もあまり変わらない社員ばかりなら、少々にぎやかなお店でも構わないですが、管理職や役員の人を呼ぶことになると、年配の人も増えてくるため、落ち着いて時間を過ごせる場所や、上司の好みも考えてお店を選ぶことになります。出欠の人数によっても、どのくらいの規模のお店の予約をとるか変わります。

人数と予算が決まれば、それに合わせてお店を選びます。日時と予算をお店に連絡し、予約を取ります。その際に、出席する社員にメールなどで、時間と集合場所、お店の地図などを連絡しておきます。その際に、事前に費用を集めておけば、当日集金するのに慌てることもありませんし、お釣りが出れば、後日人数分で割り振って返金すれば良いのです。

宴会に近いような飲み会であれば、出し物や一発芸を考えることや、司会をすることもあります。幹事自らが何か出し物をすることもあるので、用意が簡単にできて、年齢層に関係なく楽しめるような特技があればベストです。
二次会に繰り出す場合も、幹事が帰る人と残る人に分けて、タクシーを呼んだり、次のお店を探したりする場合もあります。

幹事の役割を任されると、初めから終わりまでさまざまなことをこなさなければならないので、飲み会で酔っている暇はないかもしれませんが、社員が楽しめていれば、その接待は成功ということになるので、達成感があるでしょう。

business.com