会社カタログ

会社の上司との関係性

会社で働く以上、良い上司との関係性はとても重要になります。自分の評価にもつながりますし、関係性が良好だと働きやすさにも変わってきます。理想の上司像がある反面、なかなか現実には思うようにならないのが現状です。
良い上司は部下を責任もって育てることができる人材です。その他の人はだれかが育ててくれると思っていたり、部下は勝手に育つものと考えている人もいます。人が成長するにはとても時間がかかるため、すぐに人が変わることができないということを認識しておく必要があります。
部下に考える時間を持たせる上司も大変優秀です。言われたことだけをやらせたり、すぐに解決方法を教えると自分で考える方法ができなくなってしまうため、自発的に仕事ができなかったり、一人では何もできない人材になりかねないです。
コミニュケーションを頻繁にとるため、部下に良く話しかける上司はとても良い人材です。良く話すことで気軽なことやちょっとしたことでも部下は話しやすい環境となるため、相談もしてくれるし仕事で言いにくいことでも発言することができます。長話にも付き合ってくれ、仕事の場合では短く話すようにアドバイスもしてくれます。良い上司は上手に褒めてくれ、上手に叱ってくれます。そのため、部下は思い切って仕事に集中することができます。自分の思っている通りに仕事ができるということはびくびく怯えてする心配もなく、大胆な仕事ができることにつながります。失敗しても叱ってくれて、訂正すればいいだけで成功すれば評価は上がり褒められます。
自信を持って仕事をすることで自分の能力を最大限に発揮できることがあります。そのために上司に好かれることも重要です。仕事でもちょっとした準備等を行い、仕事をしやすい環境を作る気配りをすることで評価も上がります。オフィス内の雑用や整理整頓といったことを自分で考えて行ったほうが良いと思ったことは率先して行うと上司は良い印象を持ちます。

business.com